施設概要
施設の目的
建物規模
身体・知的・精神障害者で就労意欲を有する方に対し、
作業指導を通して職業技能の訓練を行い雇用を推進し
個別支援計画に基づく生活指導によって心身機能の向上を図り
地域社会において自立した生活を営むことができるよう
支援することを目的としている
延床面積 1,220.54u 
構造 鉄骨コンクリート造り
施設の沿革
昭和45年7月
建物内配置図
身体障害者に対する伝統工芸「ハマ焼」の技能養成を目的として、
横浜市鶴見区共同作業所内に
身体障害者特殊技能研修養成施設希望更生会設立。
財団法人希望更生会に改組。
昭和58年4月  横浜市中区寿町13−1「横浜ワークショップ」内に移転。

昭和59年9月  社会福祉法人希望更生会設立。
           身体障害者通所授産施設「希望更生センター」発足。

平成15年7月  横浜市神奈川区東神奈川1−29「東部療育センタービル」内に移転。
昭和47年7月
昭和49年8月  横浜市鶴見区大黒町の新施設へ移転。
交通 
東部療育センタービル2F
JR東神奈川駅より徒歩2分。
京急仲木戸駅より徒歩2分。